屋根勾配は重要です










江戸川区S邸。戸建屋根改修工事。
存の瓦屋根を撤去します。





IMG_1562.jpg
IMG_1564.jpg
IMG_1566.jpg

は、それぞれが重なりながら、木の桟に引っかかるように葺かれています。
上記写真のような感じです。
もちろん重なっているだけですので、多少の雨が入ってきます。
雨が入ってくる前提で、その雨をどう処理するのか。
そんな知識が詰まった、日本に昔からある工法です。






IMG_1571.jpg

去していて再確認したことは、
しっかりした屋根勾配と、屋根の下地の通気がしっかりとれていれば、
ある程度の雨は、処理できるということ。
桟などに雨が入った形跡は多くありましたが、
その下の屋根の下地の木材などへの雨水の侵入はほぼありませんでした。
今は、住宅の高さ制限などの条件が厳しいところでは、
建物の高さを稼ぐために、仕方なく屋根の勾配をゆるくしたりしている住宅を良く見かけますが、
住宅の長持ちさせるためにも、屋根の勾配はしっかりとったほうがいいと思っています。
上から下へ。自然の摂理です。





IMG_1573.jpg

根から見た景色です。
瓦屋根、トタン屋根、スレート屋根などなど。いろんな屋根がありますね。

これから新しい屋根の下地工事に入ります。
  1. 2015/03/23(月)
  2. 江戸川区S邸-木造戸建屋根改修
  3. [-]

| HOME |














― WELCOME ―


江戸川区の工務店の奏匠です。
施工例を中心に、
現場での出来事等を記載しています。
各種コンテンツありますので、
ご参考にしていただければ幸いです。


1_20191029081157f83.jpg

奏匠ホームページ
弊社のホームページです。

1_20191029081157f83.jpg

Instagram
現場を別目線で切り取った、
弊社のスピンオフコンテンツです。

1_20191029081157f83.jpg1_20191029081157f83.jpg

LINEアカウント
お問合せはこちらからでも対応できます。

1_20191029081157f83.jpg

Twitter
施工例を定期的にアップしています。

1_20191029081157f83.jpg

Facebook
施工例を定期的にアップしています。

― SEARCH ―


キーワードで施工例を絞り込めます。

例) フローリング キッチン 等

― SITE MAP ―