木製スマホスタンド



大工の消閑シリーズ。
マホ用スタンド。











IMG_7398.jpg
IMG_7400.jpg
IMG_7402.jpg
IMG_7403.jpg

の手の商品は、ネットでも色々出てますね。
しかもめちゃくちゃ格安。
趣味で作るならいいですが、あの価格で商売とするならば、
大量生産する仕組みと販売ルートの確保が大変だろうななどと、
余計なことの方に頭が行ってしまいます。
ちょうどいいサイズのナラフローリング端材があったので、それを利用しています。
充電時でも、コネクターの部分がストレスなく置けるようにしています。
  1. 2020/01/29(水)
  2. □ 大工の消閑 □
  3. [WORK TYPE] スマホスタンド

これですよこれ




大工の消閑シリーズ。
前行った、弊社トイレ前壁の模様替え。











IMG_7407.jpg

った後に気づいたのですが、やはり既製品のトイレドアが気になります。
ということで、扉も造作することに。











IMG_7441.jpg
IMG_7442.jpg

木の加工中。
ヒバ、けやき、杉、さくらなど、大事にとっておいた材木を加工していきます。











IMG_7443.jpg
IMG_7447.jpg
IMG_7445.jpg

み立て中。だんだん形になってきました。
取手とカギも加工して自作しています。











IMG_7454.jpg

付け完了です。
おまけで付けた明り取りの垂れ壁も、使用中かどうかわかっていい感じです。
丁番の金物と明り取りのポリカ板以外は、すべて木です。
色んな木の材種が混載していますので、少し騒がしいですが、
以前よりも格段に統一感が出たというか、重厚感がでたというか。

建具屋さんではないのですが、やり切った感じです。
  1. 2019/10/12(土)
  2. □ 大工の消閑 □

知恵木



大工の消閑シリーズ。
恵木。











IMG_7439.jpg
IMG_7435.jpg

・ビス・接着材等を使用せず、木の細工のみでバラシ・組立が成立するもので、
組木の技術を応用した、木の立体パズルのようなものです。
今回製作したのは、3本知恵木と6本知恵木。

組木は、材木同士をつなぎ合わせるときの技術で、
木造住宅でも、柱の柱頭柱脚や、梁同士の接合など、あらゆるところに存在します。
ビスや金物がない時代からある技術で、当時豊富にある材料と言ったら木くらいだった中で、
それらを人の手で製材し・加工し、さぁつなぎ合わせましょうとなった時に、
一生懸命頭を捻ってくれた方々がいたんだと思います。
実際に木を触っている人が、木はどの方向に強いか弱いかなどを熟考し・試作を重ねて今に至ったのだと思いますが、
特許権など存在しない時代に、本当に頭が下がります。

決め込むのではなく柔軟に。
大胆ではなく緻密に。
日本人という国民性を、この技術からも見て取れます。
その日本人が伝統技術にまで昇華させた、組木の技術のほんの一部のご紹介でした。
  1. 2019/08/28(水)
  2. □ 大工の消閑 □
  3. [WORK TYPE] 知恵木 組木

内職



大工の消閑シリーズ。
近の内職。











IMG_3990.jpg

具にセットして使用する連結釘です。
訳あって弊社のところに舞い込んできましたが、工具がないので、ばらして使用します。
こんな作業、以前も少しご紹介しましたね。



前回の内職はこちらから











IMG_3991.jpg
IMG_3993.jpg

ょっとした時間でコツコツと暇つぶしです。

ですがこの暇つぶし、なかなか馬鹿にできないんです。
前回はずして使用していたビスも、現状残り僅か。
あればあるで使っていくものなんですね。

会社的にはなんの利益も生むことのない作業ですが、
この作業が報われることが来ることを願いながら、耽々とはずしていくことにします。
  1. 2017/04/07(金)
  2. □ 大工の消閑 □
  3. [WORK TYPE] 大工の消閑

斜めって見えるのは写真を撮る側の問題です



大工の消閑シリーズ。
ょっと前に行った弊社の事務所の模様替え。




前回の様子はこちらから











IMG_3371.jpg

料はすべて、今まで現場で余った無垢材とのこと。
トイレの間仕切りを和風に仕上げました。
下見板は、手作業で浮造りにしています。
結構な人工をかけた、手のかかった模様替えとなりました。











IMG_3372.jpg

してもう一つ手の込んだ作品が。
白いパネルの部分には、今まで掛けてあった時計を分解して、
機械の部分だけを取り付けて、文字はカッティングシートで自作していました。
なかなかいい雰囲気を出しています。

まだ、いろいろとやりたいこともあったようですが、
仕事に支障をきたしてしまっては本末転倒。
できることだけチョイスして作業完了といったところです。

また次回行うようなことがあればお知らせしますね。
  1. 2016/06/10(金)
  2. □ 大工の消閑 □

<<前 | HOME | 次>>














― WELCOME ―


江戸川区の工務店の奏匠です。
施工例を中心に、
現場での出来事等を記載しています。
各種コンテンツありますので、
ご参考にしていただければ幸いです。


1_20191029081157f83.jpg

奏匠ホームページ
弊社のホームページです。

1_20191029081157f83.jpg

Instagram
現場を別目線で切り取った、
弊社のスピンオフコンテンツです。

1_20191029081157f83.jpg1_20191029081157f83.jpg

LINEアカウント
お問合せはこちらからでも対応できます。

1_20191029081157f83.jpg

Twitter
施工例を定期的にアップしています。

1_20191029081157f83.jpg

Facebook
施工例を定期的にアップしています。

― SEARCH ―


キーワードで施工例を絞り込めます。

例) フローリング キッチン 等

― SITE MAP ―