防水施工箇所の床の復旧です



千代田区Jビル。社員食堂改修工事。
水施工箇所をモルタルで埋め戻しました。




前回の工程はこちらから











IMG_2626.jpg

日の水張試験は問題なく終了しましたので、
施工の為に解体した、元のモルタルのレベルまで、床を復旧しました。
これで工事は一区切りです。

次からは、内装下地の鉄骨・軽天工事に入っていきます。
  1. 2015/11/28(土)
  2. 千代田区Jビル-社員食堂改修

水張試験



千代田区Jビル。社員食堂改修工事。
水を施工した箇所の水張試験です。




前回の工程はこちらから











IMG_2617.jpg

工した防水層が、しっかりと施工されているかどうかの確認の為に、
今回施工した箇所に水を張って、水漏れを起こさないかどうかをチェックします。

しっかり施工されているのは、私も目の前で確認していて、水が漏れない自信はあるのですが、
やはり実際水を張るとドキドキしてしまうものですね。
1日この状態でおいて、水が減ってなければOKということになりますので、
ドキドキしながら1日を過ごしたいと思います。
  1. 2015/11/27(金)
  2. 千代田区Jビル-社員食堂改修

塗膜防水



千代田区Jビル。社員食堂改修工事。
房防水区画の防水工事を行いました。



前回の工程はこちらから










IMG_2604.jpg

布するタイプの、いわゆる塗膜防水です。
黒い色をしている箇所が塗布した箇所で、少し網目になっている箇所があると思いますが、
塗布する前にメッシュシートを張って、付着を良くしています。
この網目が見えなくなるまで塗り重ねます。










IMG_2605.jpg

き状況を見ながら、施工していきます。
後日、水を張って防水層が適正になされているか確認します。



  1. 2015/11/21(土)
  2. 千代田区Jビル-社員食堂改修

防水下地造作



千代田区Jビル。社員食堂改修工事。
水下地を造作しています。



前回の工程はこちらから









IMG_2598.jpg

ロック工事が完了しました。
ブロックとブロックの間に鉄筋が縦には1つおきに入っていて、
頭つなぎとして横に1本入っています。










IMG_2596.jpg

水を施す面は、モルタルで均します。
上記写真のグレーの部分は、施工したブロックにモルタルを施工した箇所です。

次は防水工事を行います。
  1. 2015/11/19(木)
  2. 千代田区Jビル-社員食堂改修

防水区画造作



千代田区Jビル。社員食堂改修工事。
水区画造作工事に伴うブロック工事です。



前回の工程はこちらから










IMG_2593.jpg

房の範囲変更に伴い、既存の防水区画を解体した箇所の復旧です。
通常ブロックで囲われた箇所に、防水を施すのですが、
今回は、既存の防水区画の仕様に合わせて、新たな防水区画をつなぎ合わせます。

防水を継ぐという計画ですが、既存の防水層をどれだけきれいに残せるかによって、
施工の精度は大きく変わってきます。
解体屋さんに責任転嫁をしているわけではないのですが、それくらい重要な位置づけです。
入隅など、注意しなければいけない箇所が多くありそうですので、慎重に行いたいと思います。
  1. 2015/11/18(水)
  2. 千代田区Jビル-社員食堂改修

| HOME |














― WELCOME ―


江戸川区の工務店の奏匠です。
施工例を中心に、
現場での出来事等を記載しています。
各種コンテンツありますので、
ご参考にしていただければ幸いです。


1_20191029081157f83.jpg

奏匠ホームページ
弊社のホームページです。

1_20191029081157f83.jpg

Instagram
現場を別目線で切り取った、
弊社のスピンオフコンテンツです。

1_20191029081157f83.jpg1_20191029081157f83.jpg

LINEアカウント
お問合せはこちらからでも対応できます。

1_20191029081157f83.jpg

Twitter
施工例を定期的にアップしています。

1_20191029081157f83.jpg

Facebook
施工例を定期的にアップしています。

― SEARCH ―


キーワードで施工例を絞り込めます。

例) フローリング キッチン 等

― SITE MAP ―