水廻りリフォーム完成




葛飾区Y邸。水廻りリフォーム工事。
面所・ユニットバスが仕上がりました。



前回の工程はこちらから











IMG_9818.jpg

ニットバスは、暖房付きのバリアフリー仕様。
窓も断熱タイプに交換して、視線を隠しながら通風の取れる面格子も付けました。
出入口の段差も解消しています。











IMG_9819.jpg

面所は、奥にあったトイレを移動した分広くなり、洗濯スペースを増設。
ユニットバスには乾燥機も
出入口のは段差解消に加え、上吊りの引き戸に変更した為、かなり軽く感じると思います。











IMG_9820.jpg

行して移設施工した、トイレが奥の扉、
手前が洗面所です。
寝室やリビングとの生活同線もコンパクトにまとめることができ、
快適に生活していただけると思います。

工事完了です。
  1. 2020/12/07(月)
  2. 葛飾区Y邸-水廻りリフォーム

良好な状態




葛飾区Y邸。水廻りリフォーム工事。
面所・トイレ・浴室の解体です。



前回の工程はこちらから











IMG_9775.jpg
IMG_9772.jpg

室を解体すると、木部が一部腐食していまし。
局所的なものだったのと、下屋であまり荷重のかからないことだったこともあり、
添木や、部分的な入替え、金物補強で対応することに。

木部はそこまで損傷しておらず、築年数からみれば「良好な状態」と言えると思います。
計画初期の現地調査の段階から思っておりましたが、
浴室は、常時窓を開けて換気されている状態でした。
それだけが、今回の「良好な状態」を築き上げていたと結論付けするのは、少し浅はかですが、
私個人の意見としては、多分に作用しているのではないかと思っています。
使い方次第で、家の寿命は年単位で変わると感じさせてくれる現場です。

次は、木下地工事と新設機器の設置です。
  1. 2020/12/05(土)
  2. 葛飾区Y邸-水廻りリフォーム

見栄えのみ完成




葛飾区Y邸。水廻りリフォーム工事。
ずはトイレの移設からスタートです。



前回の工程はこちらから











IMG_9636.jpg

存の洗面所では、洗濯機スペースを増設するには広さが足りず、
隣接するトイレを、別の場所に移動して、そこを洗面所と一体としてスペースを稼ぐことにしました。
で、移設先となったのが、上記写真の隣接する押入れ。
正面の襖だった部分はふさいでしまい、廊下からの壁をぶち抜いて、出入口とする計画です。











IMG_9632.jpg
IMG_9634.jpg

入れの内部が解体でき、
床下より、既存のトイレの給排水配管が見えてきました。
配管の切り回しも問題なくできそうです。











IMG_9766.jpg

イレ完成。
ですが実はこのトイレ、まだ使用できません。
既存の便器を取り外し、床を壊さないと配管が結べない為、
まずトイレ空間のみ完成させてしまい、後は接続するのみの所までの状態です。
在宅中の工事の為、トイレが使用できない時間帯を最小限にしたいので、
次工程のトイレを壊す時に一気に行います。
考えた結果、これが一番最小限でした。

次の工程は、洗面所廻りの着手です。
  1. 2020/12/02(水)
  2. 葛飾区Y邸-水廻りリフォーム

水廻りのバリアフリー改修計画




葛飾区Y邸。水廻りリフォーム工事。
造住宅の水廻りのリフォーム計画です。











IMG_8704.jpg

造住宅の在来風呂。
洗面所から浴室内へ入る際の段差、浴槽へ入る際のまたぎの高さ等へのバリアフリー対策と、
冬場の寒さへの、温熱環境対策を行うため、
ユニットバスへ改修する計画です。
葛飾区の助成金を利用した、改修計画になります。











IMG_8714.jpg

う一つのメイン計画の洗面所。
洗面所の奥にあるトイレも含めて、水廻りが集約されて、
動作可能な半径としては少し手狭に感じます。
洗濯機は2階のバルコニーで使用するタイプの間取りで、
今後は、1階に持ってきたいとのご要望もあります。

今回は、バリアフリー改修が主となります。
水廻りの場所移動も含み、更には在宅中の工事になりますので、
工事の順番をよく考えて、工事に着手していきたいと思います。
  1. 2020/11/30(月)
  2. 葛飾区Y邸-水廻りリフォーム

詰めの甘さは写真だけにしときます




江戸川区STU邸。洗面所改修工事。
面的に解体した洗面所を復旧しました。




前回の工程はこちらから











IMG_7964.jpg

は、撥水性のある表面仕上げの水廻り向けのフローリング。
壁は、構造用合板の化粧張り。

店舗さんなどでよく見る壁仕上げですが、
洗面所でもいい感じに仕上がるものです。
いい感じの仕上がりなのですが、残念なのは写真を撮るタイミング。
床下収納のフタだけ前の仕上げのままだったり、
巾木をくっつけるためなのですが、洗面台と壁の間に木が突っ込んであったり。
後日ちゃんと仕上げにいっております。

工事完了です。
  1. 2019/12/04(水)
  2. 江戸川区STU邸-洗面所改修

| HOME | 次>>














― WELCOME ―


江戸川区の工務店の奏匠です。
施工例を中心に、
現場での出来事等を記載しています。
各種コンテンツありますので、
ご参考にしていただければ幸いです。


1_20191029081157f83.jpg

奏匠ホームページ
弊社のホームページです。

1_20191029081157f83.jpg

Instagram
現場を別目線で切り取った、
弊社のスピンオフコンテンツです。

1_20191029081157f83.jpg1_20191029081157f83.jpg

LINEアカウント
お問合せはこちらからでも対応できます。

1_20191029081157f83.jpg

Twitter
施工例を定期的にアップしています。

1_20191029081157f83.jpg

Facebook
施工例を定期的にアップしています。

― SEARCH ―


キーワードで施工例を絞り込めます。

例) フローリング キッチン 等

― SITE MAP ―